rosier.jpg
 

Rosier

 

 16世紀に生まれたローズカットダイヤモンドを主として、ダイヤが主役となるデザインを探求している〈ロジエ〉シリーズ。ラインナップの多くは、19世紀の後半まで主流だった”クローズドセッティング”を用いたものです。輝きを引き出す現代のカットより、透明感を印象強く見せてくれるローズカットは、控えめながら淑やかに瞬きます。その魅力に寄り添うように昔ながらの技法や意匠を取り入れ、小さなところに愛着の感じられる作りを心がけています。