HOME > Web letter > 2019-5-18
  • facebook
  • google+
  • Pinterest
  • Twitter

皆さまこんにちは。スタッフの杉野です。
ちょっと変わった趣味かもしれませんが……たまに道端や空き地に、間引かれたであろう花が棄て置かれているのを見て、あれが何とも美しいなぁと思う時があります。多くは健やかな花だったためか、何もない場所にぽつんと置かれ、徐々に枯れ、風に運ばれ土に還っていく時までも、花としての尊厳を保っているように映ります。
小さい時はいろんな物を拾ってきてしまう子どもで、親を困らせたかもしれません。棄てられた花が目に留まる時も、もうさすがに拾って帰ったりはしませんが、あの拾い物の感覚に似ています。少し気恥ずかしいので、なかなか人には言えないんですけどね。

今季最後のLaboアイテムは〈瑠璃〉です。ラピスラズリ、と言ったほうが耳馴染みのある方は多いでしょうか。夜空のような青色の石は、はるか昔の先人たちも愛した素材。オリエンタルな気配のあるラピスラズリですが、今季は特に深い青だけを選り抜き、瑠璃色という凛とした美しさをイメージしました。青に託した静かで美しい個性を、スタイルの一つとして楽しんで頂けたら嬉しいです。なお、ラピスラズリはこの受注が最終受注となりますのでお気をつけください。

〈Labo 瑠璃〉の受注とともに、これまで先行でご案内してきた〈2019ss Labo〉の最終受注が始まります。古くより愛されてきた素材を探求し、現代のスタンダードへと再構築する〈Labo〉。今季は水晶・翡翠・びわ湖真珠そしてラピスラズリと、これまで以上に懐かしく美しい、記憶の断片を丁寧に掬い集めたラインナップとなりました。ここからまた一つ、皆さまに寄り添い時を重ねるものをお届けできるよう、願っています。
受注期間は6月2日(日)まで、以降はWeb・店舗共に現品サンプルの販売となり、受注は各キャラバン会場のみ承ります。先行受注により数が少なくなってきた素材もございますので、お早めにご検討ください。どうぞよろしくお願いいたします。

休日に蚤の市へ。お店や商品も魅力的でしたが、集まった人との出会いが何よりの思い出です。大山

花屋さんにて、すらりと茎の伸びた花にばかり目が行く日。つられて背筋が伸びる帰り道でした。伊藤

最近になって日記を書き始めました。日々の思い出とアウトプットに最適です。柳久保

思いがけず道端で懐かしい方との再会!早速次の約束を取り付け、連絡がくる度ににんまり。鹿田

page top
  • facebook
  • google+
  • Pinterest
  • Twitter
お気に入り
  • Follow Us
  • メデルジュエリー Twitter
  • メデルジュエリー facebook
  • メデルジュエリー Instagram
  • メデルジュエリー Tumblr