HOME > LIBRARY > Journal > Journal vol.67
  • facebook
  • google+
  • Pinterest
  • Twitter

Journal #67
My own shape

マリッジリングを作り始めてから年月が経つごとに、修理依頼としてアトリエに帰ってくるリングも増えてきました。先日は、大きな歪みが出てしまったリングが届きました。歪んでしまってももちろん直すことができるのでぜひ送って頂きたいのですが、歪んだ指輪を見たときに、持ち主の方のことをとても想像してみたくなります。どんなことをしていて歪んでしまったのだろう、と。それはネガティブな意味ではなく、日々の暮らしやお仕事、趣味などの人となりが透けてみえる時があるからです。

修理前のリングを手にとって眺めていると、ああ、ブライダルリングとはその人らしい形を自然と移しとっていくものなんだなとしみじみ分かります。ずっとそばにいるものだから、その人らしい形になるのは自然なこと。小さな傷や模様のつぶれが見受けられる指輪には、不思議と「愛されているんだなぁ」と感じてしまう。実はこの頃、表立った華やかな装飾やデザインのオリジナリティは、私たちにはあまり必要がないかもしれないと感じています。ただ何十年先も使っていける、直していけることを大事に作る。一周回ってごく単純に、当たり前を守っていきたいと心に浮かぶばかりです。

SNSが普及して、人々が"他人と違う自分”を見せ合う、あるいは探そうとするようになりました。誰かの素敵な日常を目にすると何となく自分も頑張りそうになるけれど、結局「普通がいちばん」と思って落ち着く、ということを繰り返します。自分らしさなんていつの間にか気にしなくなるうちに、自然と滲み出てくるものなのかもしれません。新しくも古くもない、けれど着ける人らしくなっていく形。mederuの指輪も、そうなれたらと思っています。

JOURNALバックナンバーはこちら ≫

お気に入り
  • Follow Us
  • メデルジュエリー Twitter
  • メデルジュエリー facebook
  • メデルジュエリー Instagram
  • メデルジュエリー Tumblr