HOME > LIBRARY > mederu's Giftshop in December 2018
  • facebook
  • google+
  • Pinterest
  • Twitter

毎年12月になるとやってくる 、mederuの"Giftshop"。mederuのアトリエスタッフが、日本やヨーロッパなど各地で見つけてきたものたちの中から、少しずつお裾分けいたします。今季はヴィンテージのジュエリーボックスを、皆さまへギフトすることになりました。小さな輝きのために、ジュエリーと同じように丁寧に仕立てられた古いボックスのコレクション。ここにしまうものがより愛おしく、より大切な一つになりますように。

・「ヴィンテージボックス」「がま口ジュエリーケース(web同時販売)」を販売いたします

・12月7日(金)〜26日(水) mederu jewelry浅草本店・MEDERU aoyamaにて開催

一つずつその人のためにジュエリーが作られていた手工芸時代は、入れ物もその品に合わせて丁寧に作られたものが多く存在しています。その後、工業化により生産背景は大きく変わり、多くの物作りと同じく、箱そのものに手間をかけることも少なくなりました。
私たちがこれまで集めたヴィンテージボックスをご紹介することで皆さまの大切なジュエリーをしまう場所が素敵に彩られると共に、私たちが日々探求する"かつての美しいもの"を知って頂けたら幸いです。

ボックスの種類は一つ挿しのリングや小さなピアスに向いたものから、ネックレスや時計を入れたり複数のジュエリーを並べておける中型のもの、わずかに大型のボックスもご用意しております。ジュエリーのみならず、日々の身支度を整える大切な品々をしまってはいかがでしょう。

素材やディテールには、今には見られない古い時代の面影がしっかりと残っています。20世紀初頭前後に作られたものを中心に、なるべく状態の良いものを選んでいます。レザーを模したペーパークロスや、味わいある風合いに育ったベロア生地。縁に金色の装飾の入ったものや、ボックスの形が個性的なものも。生成りがかったシルク地に黒や金で印字された宝石店のロゴも、それぞれ趣向を凝らしたデザインで、眺めて比べるのも楽しくなります。

今回のギフトショップに合わせて、mederuのがま口ジュエリーケースも販売いたします。今季はしっとりした赤のがま口も加わりました。

100年ほど前、今よりも手仕事が当たり前だった頃に大切にされながら、時代を越えてやってきたヴィンテージボックスたち。ここにしまったお気に入りのジュエリーたちも、時代の空気を纏って心なしか風格ある佇まいに見えてくることでしょう。各店舗、数に限りがございますが、この冬の贈り物やご自身の愛用品に、素敵な"居場所"を見つけにいらしてください。


mederu's Giftshop in December
12.7(金)-26(水) ※水・木お休み
mederu jewelry 浅草本店・MEDERU aoyama
営業時間 12時-19時 (12/26は17時閉店)


お気に入り
  • Follow Us
  • メデルジュエリー Twitter
  • メデルジュエリー facebook
  • メデルジュエリー Instagram
  • メデルジュエリー Tumblr