HOME > LIBRARY > Journal > Journal vol.51
  • facebook
  • google+
  • Pinterest
  • Twitter

#51

この夏、最初にお届けしてきた〈Labo 真珠〉。もうすぐご用意した数が終わってしまうので、ご案内もこれが最後となりそうです。その前に、今季の魅力を振り返ってみます。

今季、私たちが特別に選んだのは“青い真珠”でした。 あまり一般的な売り場で見かけることは多くない真珠ですので、ものめずらしく感じる方も多いかもしれません。しかし、これは生まれたままのナチュラルな真珠の姿です。特に今季選んだ青は、うるうるとした艶を持っています。この潤みと出会い、青色の真珠ならではの凛とした美しさに惹かれました。

真珠に限らず青に惹かれるのは何故だろうと思うのですが、日本の土地は青に溢れているからかもしれません。この真珠が生まれる場所は穏やかな海です。そしてこの艶やかな青は、その時の天候や海の栄養価、母貝の丈夫さなど、色々な条件が重なり合って生まれるその時だけのもの。養殖といえど自然に委ねる部分の大きな真珠は、とても繊細な物作りと言えます。この青は、日本の風土や景色を映した色のようにも思えてきます。特に、夏の青です。

この真珠の魅力は私たちアトリエが毎年2冊ずつ制作しているカタログ「BOOK20」の中でも、たっぷり写真と文章で綴りました。お店でもお配りしています。もっと詳しくご覧になりたい方はぜひ、こちらも読んで頂けたらとても嬉しいです。(カタログ請求はこちらからどうぞ)

次に真珠をお届けする時は、おそらくまた違う顔となります。今季の青い真珠との出会いを、最後の一つまでお楽しみ頂けたら幸いです。店頭では受注を終了したものの受注サンプルを販売もしております。また、webでご覧頂いていないパールの1点ものもございます。この機会に、ぜひご自分だけの青を見つけにいらしてください。

pearl特集へ >
JOURNALバックナンバーはこちら ≫

お気に入り
  • Follow Us
  • メデルジュエリー Twitter
  • メデルジュエリー facebook
  • メデルジュエリー Instagram
  • メデルジュエリー Tumblr